自動車免許を取得するなら合宿がおすすめです。

自動車免許を取得しようと思い立っても、具体的に考え出すと面倒なことがたくさん見えてきてなかなかその1歩目を踏み出せませんよね。費用も結構かかり、教習所に数ヶ月間通う必要があり、筆記テストも受けなければならないなど、確かに面倒なことがたくさん頭に浮かんできます。

そもそも車なんて毎日乗る訳でも無いのに....。免許取得に対して億劫になっている、そんなみなさんにおすすめしたいのが合宿免許です。

⇒自動車免許の合宿で不合格になることはあるの?不合格にならないためにはどうすべき?

合宿免許とは?

免許合宿とは自動車教習所の近くにある宿泊所に一定期間滞在して免許取得を目指すことを指します。全国各地、多くの教習所が合宿免許を受け入れており、参加者はその中から自分の求めている条件に合った教習所を選ぶことができます。

メリット1:短期間で免許を取得できる

卒業までのスケジュールが組まれている状態で合宿がスタートします。そのため、通学免許であるような順番待ちが存在せず、効率的に教習を受講し最短期間で卒業することが可能です。普通車MTの免許取得期間で比較すると、通学免許ならばおよそ2〜3か月かかるところ、合宿免許だとおよそ2〜3週間で済んでしまいます。

通学で免許取得を目指していたが、途中で進学や就職で引っ越しすることになり途中で退校した場合、それまでかかった時間と費用が全て無駄になってしまいます。もし、中止してしまう可能性が少しでもある場合は、合宿免許の検討をおすすめします。

メリット2:低コストで免許を取得できる

合宿免許の料金は基本的には教習費と宿泊費用を合わせたものです。それでも、教習費のみの通学免許の料金に比べて安い傾向にあります。時期やプランによって変動はありますが、通学免許はおよそ22万〜35万円、合宿免許はおよそ20万円〜30万円です。

時期によっては17万で参加できる合宿免許も存在します。

合宿免許がこれだけ安いのには理由があります。教習所にとって、あらかじめスケジュールを決めて教習を受講し始める合宿生は、スケジュールが不確定な通学生に比べて扱いやすく、教習所を効率よく回転させることができるという理由があります。つまり、教習所の経営的視点から見ると通学生よりも合宿生を受け入れる方がメリットが大きいのです。

免許取得のコストを抑えるために安い合宿を探すことは問題ないです。

しかし、最終決定の際にはプラン内容もしっかり確認しましょう。なぜなら教習所によって交通費や食費、洗濯費などの扱い方が違うからです。そのため、サイト内で表示されている料金は安くても、食費や交通費などを含めた実際の総支出を算出してみると案外高かったりすることがあります。

メリット3:楽しく免許を取得できる

全く知らない土地で2〜3週間暮らすなんて滅多にできない経験です。教習の空き時間や、教習がない日曜日などに宿泊所の近くを観光することができます。居酒屋やスナックに入って地元の方々と交流も楽しめます。友達と参加する方は友達と旅行をしているような感覚を味わえるでしょう。

昼食の時間は教習のスケジュールによって別々になることがあるかとは思いますが、夕食の時間は基本的に合わせることができるでしょう。さらに夕食後はもちろん自由時間なので、友達とおしゃべりやゲームなどができます。

夜をどう過ごすかについては合宿が始まる前に友達と相談しておきましょう。時間を持て余さないために、本やDVD、ゲームなどを持っていくことをおすすめします。他の参加者との交流が盛んで、1人で参加した方も楽しめるような教習所もたくさん存在します。

合宿が終わった後も仲良くするような友達ができたと言う方も多くいます。さらには合宿中にできた彼女と遠距離恋愛をしている方もいます。ただし、どの教習所でも出会いのチャンスがあるわけではありません。素敵な出会いを求める場合は、ネットなどで教習所の評判を調べて交流が盛んそうなところを選ぶようにしましょう。

メリット4:乗越し保証付き、教習のキャンセル料無料

合宿免許には基本的に乗り越し保証付きです。メリット2で述べた低コストで免許取得できることと内容が重なりますが、大変大事なことなので埋もれてしまわないようにこちらに個別で記述します。通学免許では、技能講習でクリアできなかった項目は補習を行う必要があり、修了検定や卒業検定に落ちてしまった場合も、再検定料金と補修の料金を払う必要があります。

しかし、合宿免許ではこれらの追加料金を払う必要が無いことが多いです。スムーズに免許を取得する自信の無い方には大変お得なメリットです。さらに、体調不良や寝坊によってその日予定した教習をキャンセルした場合、通学免許ではキャンセル料金がかかってくるのが普通です。

しかし、合宿免許ではキャンセル料はかからないことが多いです。上記の2つは無料にはなりますが、補習やキャンセルによって予定よりも増えてしまった宿泊日数分の宿泊料金は払わなければならないことが多いです。上記の2つのメリットに甘えて、卒業をいつまでも伸ばしていると莫大な宿泊料金を支払うことになるかもしれません。

決めた期間内に卒業することは最低限守りましょう。

デメリット1:長期休みを取れないと参加できない

合宿免許に参加するためには2〜3週間のまとまった休みが必要です。まとまった休みを取れないサラリーマンや主婦には参加は難しいかもしれません。免許合宿に参加する学生は多いですが、学生の中でもバイトや部活でそれほど休みを取れない方は参加するのが厳しいでしょう。

さらに、卒業までの期間中は合宿所に滞在することが条件のため、急用が入りやすい方の参加も厳しいです。

デメリット2:プライバシーは保証されない

部屋タイプによってある程度のプライバシーは保証されます。しかし、隣部屋がうるさかったり、昼食の際に他の合宿参加者から喋り掛けられたりする可能性はあります。繊細な方にとっては、2〜3週間そのような環境で過ごすことは大変苦痛となるでしょう。

もしどうしても耐えられなくなって合宿を中止した場合、高額のキャンセル料を支払わなければならない場合が多いです。そのため、参加する前に様々な状況を想定してみる必要があるでしょう。

デメリット3:自宅付近の道路で練習ができない

卒業検定では実際に公道を走ることになります。自宅付近の教習所に通えば自宅付近の公道で卒業検定を行うことができますが、他の地域での合宿で免許を取得した場合、教習中に自宅付近の公道で走ることはできません。これは自宅付近の環境によっては問題になる可能性があります。

例えば、都会に自宅を持つ人が田舎での合宿で免許を取得できたとしても、交通量の多い自宅付近の道路では恐怖心から運転することができないかもしれません。そうなってしまっては免許取得したメリットが薄れてしまいます。

そのため、免許取得後に自分が車をよく運転するであろう地域とはあまりにも環境が違う地域での免許取得は避けた方が良いでしょう。