合宿で自動車免許を取得するメリットは?条件や住民票など必要なものを知っておこう!

自動車免許を取得するには自動車教習所へ通学する方法と、教習所の近くに宿泊しながら取得する合宿免許と呼ばれる方法があります。最近、短期間で自動車免許が取得できることから合宿免許への注目が高まっています。しかし、合宿免許には入校するにあたって通学の場合とは違う条件があり、準備しなければならないものもあります。

合宿免許について詳しくみていきましょう。

⇒自動車免許の合宿で必要なものとは

合宿免許のメリット

合宿免許は、取得したい免許によって異なりますが、平均的に2~3週間ですべての教習が終えることができるようにスケジュールが組まれています。自動車教習所に通学した場合は、予約がスムーズにとれないことがあるなど教習を終えるまでに平均で2~3か月程度かかるので、合宿免許の方が自動車免許を取得するまでの期間が短くて済むというメリットがあります。

また、短期集中型のカリキュラムなので、次の教習までに間が空くこともなく日々の学びを積み重ねていくことができるのも合宿免許の良さといえます。合宿免許にも休日はあります。しかし、休日以外は学科と技能教習が効率よく組み込まれているので、交通法規などの学科や運転技術を集中して身につけることができ、勉強の効率が上がります。

合宿免許では、免許を取得するという同じ目的を持った仲間と一緒になるため、新たな出会いの場となるのもメリットのひとつです。休日には仲間と一緒に観光やレジャーを楽しめます。また、全国には合宿免許のコースを設けている教習所も多く、今までに行ったことのない地域を選択すれば旅行気分も味わえますね。

テーマパークや娯楽施設に近い場所であれば、気分転換にもなるでしょう。合宿免許の大きなメリットに、通学するよりも費用が抑えられるということがあります。通学の場合は一般的に25~30万円程度かかりますが、合宿免許であれば20~25万円程度が相場となっています。

合宿免許の費用は、食事代と合宿期間中の宿泊費が含まれていることがほとんどで、合宿先までの交通費を一部負担するサービスを行っているところもあります。また、技能検定に落ちても追加料金が発生しないプランを用意している教習所が多いです。

ただし、教習所によっては、春休みなど免許を取得する希望者が多い時期は料金が高くなる場合など時期やプランによって料金が異なるケースがあるので、教習所の料金プランを確認してみましょう。

合宿免許の注意点

合宿免許を行っている教習所では「入校不可地域」というものが存在します。「入校不可地域」は、それぞれの教習所で独自に定められているもので、教習所の住所と同じ住民票の地域やスクールバスの送迎地域が指定されているケースが多く見受けられます。

そもそも合宿免許は、通学できない地域からくる人が、泊まり込みで教習を受けて免許の取得を目指すものです。そのため、通学できる範囲の地域の方は合宿免許に申し込むことができないルールとなっているところが多いです。

ただし、全ての教習所で「入校不可地域」が定められているわけではないので、近隣であっても入校できる場合もあります。

合宿免許は、学生の春休みや夏休みと重なる時期の料金が高く設定されていることが多いです。混み合う時期には、宿泊の手配や教習のスケジュールの調整が難しくなるため料金が高めになっています。通学による免許取得の場合は、教習生の都合によって卒業までのスケジュールになりがちで、予約の変更やキャンセルなどが多いものです。

しかし、合宿免許の場合は入校してから卒業するまで教習所側でスケジュールが組めるので、通学免許よりも料金は安く設定されています。合宿免許には、本籍記載の住民票や身分証明書などの入校に関わる書類の他に交通手段や宿泊に伴う持ち物などがありますが、必要なものは申し込む教習所によって異なります。

入校案内を確認して早めに準備を整えておくことが大切です。また、宿泊プランで相部屋の場合は、新しい出会いが期待できる反面、盗難や人間関係のトラブルが発生するリスクもあります。友達と一緒に参加する場合は相部屋でも大丈夫かもしれませんが、一人で参加する場合には部屋のプランはよく検討した方が良いでしょう。

合宿免許に必要な物は?

合宿免許で必ず用意しなければいけないものは、本籍地が記載されている本人の住民票です。本籍地が書かれていない住民票は教習所では受け付けないため注意が必要です。尚、合宿するからといって教習所の住所に住民票を移す必要はありません。

教習所の「入校不可地域」でなければ、現住所のままで入校できます。また、健康保険証やパスポートなどの身分証明書も入校の際には必要なものです。原付など既に何らかの運転免許証を持っている場合も忘れずに持参しましょう。

その他に、印鑑、メガネやコンタクトレンズなど視力矯正に必要なものも必須です。合宿免許の教習所までの交通手段も事前に手配しておかなければいけないもののひとつです。教習所によっては、交通手段を手配をしてくれたり最寄りの駅まで送迎してくれたりするところもありますが、基本的には自分で手配しなければなりません。

特に、大型連休や学生の春・夏・冬休みの時期には、交通機関も利用者が多く、早めに電車やバスなどを予約しておく必要があります。入校を申し込む際には、教習所の場所とアクセス方法を確認しておきましょう。

合宿免許に持っていった方が良い物は?

合宿は最低でも2週間程度宿泊することになるので、着替えは必須です。コインランドリーがある場合は洗濯することもできるので、日数に合わせて持参しましょう。歯ブラシや石けん、タオルなどのアメニティは宿泊先に備え付けてある場合も多いですが、自分が使い慣れているものを持参することをおすすめします。

出発の日には雨が降っていなくても、合宿中には天候も変わります。傘などの雨具も持っていくと良いですね。合宿中は基本的に教習所で現金を支払うシーンは少ないので、多額の現金は持って行かなくても大丈夫です。コンビニなどが近くにある場合には、キャッシュカードを持って行けばATMを利用することも可能です。

宿泊先にもよりますが、ハンガーなどは相部屋の場合には足りなくなりがちです。洗濯用のロープやハンガーがあれば便利です。また、スマホなどの充電でコンセントを使う時に、延長コードがあれば、相部屋でもコンセントの取り合いにならずに済みます。

ドライヤーも同様で部屋に備え付けてあるものでは足りないことも多いです。自分が普段使っているものを持って行くと良いでしょう。綿棒や絆創膏は、かさばるものではないのでカバンに入れておきたいものです。ちょっとした傷にも絆創膏があると重宝します。

⇒自動車免許を取得するなら合宿がおすすめです。

長期の休みが取れるなら合宿免許がおすすめ!

合宿免許は自動車教習所へ通学するよりも、費用を抑え短期間で自動車免許が取得できるのがメリットです。学生は夏休みや春休みなどの長期休暇、会社勤めの方は有給休暇などを組み合わせて長期の休みが取れるのであれば効率よく自動車免許を取得することが可能です。

これから自動車免許の取得を考えている方は、メリットの多い合宿免許を検討してみてはいかがでしょうか。

⇒自動車免許の合宿で不合格になることはあるの?不合格にならないためにはどうすべき?